表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






ワックスフラワー    フトモモ科  Chamelaucium uncinatum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア州
特徴など:はじめてみたのは切花で輸入されたものだった。その後数年経った後鉢物で販売されるようになった。葉は針のように細く茂っていても向こう側が見えるくらいスカスカに見える。オーストラリアでは植栽も見かけ、線路脇などでは2mほどに育ってよく咲いていました。花色もピンクの幅広い濃淡がありました。(写真:西オーストラリア州、国内)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)


マイクロワックス     フトモモ科  Chamelaucium ciliatum
性状:常緑低木
原産地:オーストラリア
特徴など:良く見ると確かにワックスフラワー。でも小さくかわいいのだ。咲き始めは淡く、終わると濃くなってくるように見えるのだが・・・。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)
カメラウキウム・チリアツム   Chamelaucium ciliatum Stirling Range Form ↓ 
特徴など:同じ種類なのだが、フォームが違うタイプと表示されていました。地域差か個体差なのでしょうか?上の写真とは花の色の変化や葉の形が少し違う。(写真:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


カメラウキウム・フォレスティ     フトモモ科  Chamelaucium forrestii
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア州南部
特徴など:ワックスフラワーに似ているが葉が少し短いように思う。また、枝の伸びもこちらのほうがまとまりがあります。他はどこが違うといわれても難しいなぁ。実際にはこちらはアルバニーという南部に産する種になります。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


カメラウキウム・ドルムンディ・ハリィ     フトモモ科  Chamelaucium drummondii subsp. hallii
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア州
特徴など:ツートンからに見える。花が開くと白もしくは本当に淡いピンクの小さな花が咲きます。つぼみかもしくしぼんだのかが良く観察していなかったのですが、濃い赤味のあるピンク色です。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


カメラウキウム・グリフィニィ     フトモモ科  Chamelaucium griffinii
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:松葉のように細い葉をつけるワックスフラワーの仲間。花も小さい。花の蕾のときの萼などの部分が赤く良く目立つ。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


カメラウキウム・パウキフロルム     フトモモ科  Chamelaucium pauciflorum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア 
特徴など:結構乾燥した場所に自生していたカメラウキウム属の仲間。花はやや立気味に咲いている。ピンク色もあるようですが私が見たのは白花でした。葉が小さく、枝はかなり疎です。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カメラウキウム・メガロペタルム     フトモモ科  Chamelaucium megalopetalum
英名:Large Waxflower
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア南部(エスペランサ地方) 
特徴など:実際にはもう少し細い幹が立ち茂るようですが私が見たのはヒョロヒョロした株でした。白から赤に変わるようで、結構目立ちます。細かい砂と少し荒い礫の混じった堅い地面に生えています。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カメラウキウム     フトモモ科  Chamelaucium
カメラウキウム2

TOPへ     フトモモ科(Myrtaceae)