ライムギ   イネ科   Secale cereale
性状:一年草
原産地:地中海沿岸や小アジア?
特徴など:栽培ライ麦と呼ばれるこの種類はコムギやオオムギ等の畑でともに生育していたときに栽培型が出来上がってきたといわれ、もとは雑草として扱われていた。寒冷地での栽培が多いようだ。日本では青刈りして利用されている。ライ麦はウイスキーの原料となり、ほか製粉してパンの原料にもなっている。(写真:国内)
薬用として:ライムギはバッカクキン(麦角菌)の宿主でこの菌の菌核はバッカクアルカロイドの製造原料として使われている。

TOPへ