表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中

トマト     ナス科  Lycopersicon esculentum
別名:アカナス
性状:多年草(野菜として一年草扱い)
原産地:南アメリカのアンデス地方
特徴など:サラダにイタリア料理に和食・洋食・色々な用途に用いられ赤いトマトだけではなく最近はグリーンのままでも使われるようになった。品種も非常に多く、最近食べたミニトマトの千果(ちか)は非常にびっくりするほど甘く、フルーツのようでした。日本には18世紀ごろにオランダ人によって入ってきたらしく当時の書物である大和本草に記されているという。栽培が始まったのは19世紀末とある。現在も多くの品種が作られ生食用、料理用、加工用などがある。時代により人間の志向も変わるのでそれに合わせた改良が重要だ。ちなみにトマトの種は有毒な成分を持っている。(写真:国内、スリランカ)

(7月撮影:国内)

実の形からしてイタリアントマトかな?(7月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

葉が病気のトマト・葉カビ病

スリランカの八百屋にて


TOPへ     ナス科(Solanaceae)