表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






センテッドゼラニウム    フウロソウ科
ハーブゼラニウム、ニオイゼラニウム

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


アップルゼラニウム     フウロソウ科  Pelargonium odoratissimum
性状:常緑多年草
原産地:南アフリカ
特徴など:リンゴのようななんというかふくよかなやさしい香りのするゼラニウム。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
’アンダーソニア’
英名:Ander sonia Geranium
特徴など:淡いピンクの花が咲くゼラニウムで、葉は良い香りがする。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
’アッタルローズ’  ’アッタスローズ’ 

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)


オレンジゼラニウム     フウロソウ科  Pelargonium x citrosum var.
性状:常緑多年草
原産地:交配種のためなし
特徴など:他のセンテッドゼラニウムに比べて花が大きい。交配種のためか?名前のとおりにオレンジの香りがするかというと、ちょっと疑問???(写真:国内)


カレンソウ、カコロン     フウロソウ科  Pelargonium graveolens (=roseum)
和名・流通名:ゼラニウム ’ブルボン’、ローズゼラニウム
性状:常緑多年草
原産地:南アフリカ
特徴など:香りで蚊がよってこないというフレーズで販売されたセンテッドゼラニウム。強いシトラス臭がある。芽を摘んで枝をたくさん出したほうが良いとなっているが、果たして効果のほどは???。シトラス臭といえばどちらかといえばいつも感じるのだがちょっと強めの山椒のような気がするのだが・・・。しかしこの種は変異が多く、葉に形や香りも様々で最初はカレンソウで載せていたがローズゼラニウムも含まれるとなるともう一度並べ直しが必要か?(写真:国内)
’ブルボン’

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
’レディプリマス’
特徴など:葉の縁に白い斑が入る。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
’ミセス・キングスリー’
特徴など:葉はあまり切り込まないようだ(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
’ラデュラ(Radula)’

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
(3月撮影:国内)
’レッド・フラワー・ローズ(Red Flower Rose)’
原産地:交配種のためなし
特徴など:赤い花が綺麗なローズゼラニウム。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)


ゼラニウム・グラヴェオレンス・ヴァリエガツム    フウロソウ科  Pelargonium graveolens var. variegatum
性状:常緑多年草
原産地:園芸品種のためなし?
特徴など:葉の縁に白い斑の入る品種。(写真:国内)

’ミント・センテッド (Mint Scented)’(3月撮影:国内)

’ミント・センテッド (Mint Scented)’(3月撮影:国内)

’ミント・センテッド (Mint Scented)’(3月撮影:国内)


ストロベリーレモンゼラニウム     フウロソウ科  Pelargonium cv.
性状:常緑多年草
原産地:交配種?のためなし
特徴など:葉に白い斑がはいります。(写真:国内)


ナツメグゼラニウム     フウロソウ科  Pelargonium 'Fragrans'
性状:常緑多年草
原産地:交配種のためなし
特徴など:やや小振りな丸い葉で、触るとうっすらと産毛が生えているのがわかる。花も小さくかわいい。(写真:国内)


フェザントフット
特徴など:葉が極端に細かく細い。香りはローズゼラニウムに似ている。(写真:国内)


TOPへ     フウロソウ科(Geraniaceae)     その2  その3