表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中



アシスタシア・ガンゲティカ   キツネノマゴ科  Asystasia gangetica (A. coromandeliana)
性状:多年草(非耐寒性)
原産地:インド、マレー半島、アフリカなどに広く分布する。
特徴など:やや立ちながらほふく性に育つ。花色には変異があり、白〜淡いピンク〜淡い青紫色などがあるようだ。若葉は食用になるらしい。挿し芽で簡単にふやせます。鉢植えであまり水が多くて常の湿っていると、下葉から溶けてきますので注意します。低く良く茂るので花壇の中央で刈り込まれて使われていました。(写真:国内、ハワイ・カウアイ島、スリランカ/他)

(9月撮影:スリランカ)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

葉に斑の入る品種

斑入りのアシスタシア

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:スリランカ)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)


アシスタシア・イントルサ     キツネノマゴ科  Asystasia intrusa
性状:常緑多年草(非耐寒性)
原産地:東南アジア(インドネシアなど)
特徴など:アシスタシアの仲間でした。本来の花色はもっと淡いようですが、このように濃い品種(?)もあるのでしょう。花色が今まで見たことも無くとても綺麗な青紫の種類。(写真:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)


アシスタシアsp.     キツネノマゴ科  Asystasia
特徴など:花色が黄色のアシスタシア。今のところ一度しか見たことが無い。(写真:スリランカ)


TOPへ     キツネノマゴ科