ラシア・スピノーサ     サトイモ科  Lasia spinosa
性状:常緑多年草
原産地:スリランカ、インド、マレーシア、ビルマ、中国などの熱帯アジア
特徴など:葉柄の部分に堅いとげのあるサトイモ科の植物。若い葉や芋の部分を料理に使うようだが・・・。湿地に生えているようで植物園でも沼地に植栽されていた。(写真:スリランカ・ペラデニア植物園)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

ラシアSp.     サトイモ科  Lasia Sp.
性状:常緑多年草
原産地:ミャンマー
特徴など:葉の感じが上の種類ととってもよく似ているのですが、植物園ではSp.になっていました。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

TOPへ