表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






オキナワヒメラン     ラン科  Malaxis purpurea
性状:多年草(地生ラン)
原産地:日本(沖縄)、中国南部、スリランカ、タイなど
特徴など:花は無くちょうど芽が伸び始めたところでしょうか。傍らには昨年の花の後付いたと思われる莢が役目を終えて倒れていました。(写真:国内)
絶滅危惧:沖縄・環境省(IA類CR)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


イリオモテヒメラン     ラン科  Malaxis bancanoides
性状:常緑多年草(地生ラン)
自生地:沖縄(沖縄本島〜西表島)
特徴など:沖縄本島や西表の山中にて見られる地生ランです。初めて見た5月では早いので残念ながら花は見られませんでしたが、10月沖縄の山中で花が見ることができました。思っていた蘭の花の形ではなく逆に蝋細工っぽいユニークな形です。よくよく見ると咲き方は本来からすると逆さ向きに咲いています。つまり唇弁にあたる部分が上に側にあります。(写真:国内)

(10月撮影:沖縄)

(10月撮影:沖縄)

(10月撮影:沖縄)

(10月撮影:沖縄)

(10月撮影:沖縄)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(10月撮影:沖縄)

(10月撮影:沖縄)

(10月撮影:沖縄)

TOPへ     ラン科(Orchidaceae)