表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






ユーカリの仲間2

その1  その3  調べてます

エウカリプス・ロダンタ・ロダンタ     フトモモ科  Eucalyptus rhodantha ssp. rhodantha
英名:Rose Mallee
性状:常緑高木
原産地:西オーストラリア
特徴など:シルバーリーフに赤い花が咲くユーカリ。大きい花です。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・クルセアナ      フトモモ科  Eucalyptus kruseana
英名:Bookleaf Mallee
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア(エスペランサ地方)
特徴など:ライムカラーの花がとても目を引きました。葉は厚く硬い葉です。10月では実際に自生している場所で見たもので公園で育ったものとは枝の伸び方は同じだが葉の色などは野性味あふれる姿になっています。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・ヴィクトリックス     フトモモ科  Eucalyptus victrix
英名:Coolibah
性状:常緑高木
原産地:西オーストラリア
特徴など:乾燥地帯に多いユーカリ。先端はやや湾曲しており雨が降ったときに葉を伝って根元に水が集まってくるようになっているという。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・ヨウンギアナ     フトモモ科  Eucalyptus youngiana
英名:Large-fruited Mallee
性状:常緑高木
原産地:西オーストラリア中部
特徴など:葉の形は通常のユーカリとあまり変わらないが、実の形がかなりごつい。花色に変異があり赤や、クリーム色などがある。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・カマルデュレンシス     フトモモ科  Eucalyptus camaldulensis
英名:Leaning Tree
性状:常緑高木
原産地:西オーストラリア
特徴など:英名のとおりに寝ている。風が強いためこんな形に育っています。数本がこのように育っていました。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・ブロクウェイ     フトモモ科  Eucalyptus brockwayi
英名:Dundas mahogany
性状:常緑高木
原産地:西オーストラリア(かなり局所的)
特徴など:西オーストラリアでも局所的に自生するがパース内にも見られるようだ(植栽された?)。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・カエシア・カエシア     フトモモ科  Eucalyptus caesia subsp. caesia
性状:常緑高木
原産地:西オーストラリア州
特徴など:かなり白く蝋がかった若い実をぶら下げています。段々と剥げ落ちてきてしまうようですが・・・。花は赤。幹肌は下地はつるつるっぽいようで巣が薄い樹皮が縦に裂けるように剥離してきます。(写真:西オーストラリア)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・フィリフォルミス     フトモモ科  Eucalyptus pyriformis
英名:Dowerin rose
性状:常緑中低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:かなり角ばった実を付けるユーカリで花も大きい。花色は赤やクリーム色がある。(写真:西オーストラリア)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・テトラプテラ     フトモモ科  Eucalyptus tetraptera
英名:Four-winged Mallee
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア(アルバニー〜エスペランサ)
特徴など:蕾の下の部分、実になる場所がはじめから赤くよく目立つ。また四角形でその角の部分が翼のようになっていて一度見ると忘れられないユーカリの一つ。これぐらい特徴があるとわかりやすくてよいのだが。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


エウカリプス・コンフェルミナータ     フトモモ科  Eucalyptus conferruminata
英名:Bald Island marlock
性状:常緑小高木
原産地:西オーストラリア南部(アルバニー〜エスペランサ地方)
特徴など:ユ・レーマンニィかとずっと思っていたのですが、花を支える花茎部分が平たく太いこと、また、葉の形もこちらの種は丸みがあり、以前の種は葉が細長いこともわかり訂正いたしました。大きな房のライムグリーンの花を付けるユーカリ。枝には古い実がとてもたくさん付いています。こんもりと茂っていました。最近花の市場でこのユーカリの実が蝋に漬けられて彩られたものが販売されていた。なんでも商売になるものです。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

つぼみです。(10月撮影:西オーストラリア州)

若い実です。(10月撮影:西オーストラリア州)

とても古い実です。(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ     フトモモ科(Myrtaceae)     その1  その3  調べてます