アデナンテラ・パボニナ     マメ科  Adenanthera pavonina
和名:ナンバンアカアズキ
性状:常緑高木
原産地:中国、インド、スリランカ、マレーシアなど
特徴など:朱赤の固い種子がよく目立ちます。この種子は装飾品に使われます。莢もカーブしていて熟すとねじれるようになって朱赤の種子が出現します。花は黄色ですが時期的に咲いていませんでした。(写真:スリランカ、国内)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(1月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

TOPへ     マメ科(Fabaceae)