表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中





ドドナエア・ヴィスコサ     ムクロジ科  Dodonaea viscosa
和名:ハウチワノキ
性状:常緑低木
原産地:オーストラリア、ハワイなど
特徴など:赤い団扇のような実が成っていました。花は小さく密に咲くようです。山間部では白い実のなっているものもありました。こんな樹木があったら面白いかもと思ってハワイから日本に帰ってみると、なんとちょうど帰国した週から、この樹木が販売されていた。びっくり!。(写真:ハワイ・カウアイ島、西オーストラリア)
薬用として:葉を東桑仔と呼び利尿、解毒などに使われている。

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


ドドナエア・シヌオラータ     ムクロジ科  Dodonaea sinuolata
性状:常緑低木
原産地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ〜クィーンズランド南部)
特徴など:葉が繊細。実の大きさも上記の種よりも一回り小さかった。時々植栽されているようです。街道脇の休憩スペースに植栽されていました。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


ドドナエア・ケラトカルパ     ムクロジ科  Dodonaea ceratocarpa
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア南東部
特徴など:やや這うように育つドドナエア。後に立ち上がりながら育つようです。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


ドドナエア・ハッケティアナ     ムクロジ科  Dodonaea hackettiana
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:葉の付いている枝葉ちょっと密だが、全体は疎な感じ。もうちょっと実が大きく色づいてくると印象が違うのかもしれません。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


ドドナエア・イナエクィフォリア     ムクロジ科  Dodonaea inaequifolia
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:葉が非常に繊細で粗い羽状葉のドドナエア。ド・シヌオラータに比べて葉の幅がある。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ドドナエア・ハイブリット     ムクロジ科  Dodonaea hyb.
性状:常緑低木
原産地:交配種のためなし
特徴など:ラベルに交配種となっていました。葉幅がありド・ヴィスコサとはだいぶ印象が違いますね。(写真:ハワイ・オアフ島)

なんかちょっと葉幅がある (7月撮影:ハワイ・オアフ島)

なんかちょっと葉幅がある (7月撮影:ハワイ・オアフ島)

なんかちょっと葉幅がある (7月撮影:ハワイ・オアフ島)

なんかちょっと葉幅がある (7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

TOPへ     ムクロジ科(Sapindaceae)