表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中





マンゴスチン     フクギ科(←オトギリソウ科)  Garcinia mangostana
英名:Mangosteen
性状:常緑高木
原産地:マレーシア
特徴など:果物の女王と呼ばれるマンゴスチン。以前は冷凍しか輸入が無かったが、値段も下がって冷凍ではないものも日本で食べれるようになった。でも熱帯の現地で食べると気分も味も、ちと違う?赤紫色の皮を剥くとき汁が服につくと落ちないので要注意。しかし皮の色は染料にも使われているといい、薬効もあるようだ。雌雄異花。(写真:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

フルーツの出店。この中にマンゴスチンもある。

左側がマンゴスチン。スリランカの露店にて。ちなみに右はアボガド


ガルキニア・ヘルモニー     フクギ科(←オトギリソウ科)  Garcinia hermonii
性状:常緑高木
原産地:スリランカなど
特徴など:スリランカのシンハーラジャ森林保護区内で自生する樹木。スリランカ内では絶滅危惧種の一つとなっているようだ。(写真:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)


タマゴノキ     フクギ科(←オトギリソウ科)  Garcinia xanthochymus
性状:常緑中高木
原産地:インド北部〜ヒマラヤ西部
特徴など:日本でも植物園で見ることができるが、名前のとおり実の形が面白い。今のところ花を見たことが無いが、なんで横向きに花の跡の部分が見えるのだろう?(写真:スリランカ、国内)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(11月撮影:国内)

(11月撮影:国内)


ガルキニア・プライニアナ     フクギ科(←オトギリソウ科)  Garcinia prainiana
英名:Button Mangosteen , Cherapu
性状:常緑高木
原産地:タイ、ボルネオなど
特徴など:柿の実を小さくしたような実をつけるマンゴスチンの仲間。(写真:オーストラリア・ケアンズ)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)


ガルキニア・デュリキス     フクギ科(←オトギリソウ科)  Garcinia dulcis
性状:常緑高木
原産地:インド南部〜マレーシア
特徴など:対生でつややかな葉をつける。明るい黄味がかったオレンジ色の実をつける。(写真:オーストラリア・ケアンズ)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)


フクギ     フクギ科(←オトギリソウ科)  Garcinia subelliptica
中名・中文・台灣:福木
性状:常緑樹
原産地:熱帯域(フィリピン?)
特徴など:沖縄には植栽されるために導入されたようですね。台湾本土でも街路樹として植栽されているようなんですが、街路樹じゃないところで見られますなぁ。(写真:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

TOPへ     フクギ科(Clusiaceae)