ハエトリソウ     モウセンゴケ科  Dionaea muscipula
別名:ディオネア
性状:常緑多年草
原産地:アメリカ・ノースカロライナ州など
特徴など:子供や大人でも必ず一度は目にして、さらに必ず触っていたずらしたくなる植物だ。葉の中にある三対ある感覚毛を2回触れることで葉を閉じて虫を閉じこんで消化吸収し自分の栄養とする。その動くさまがとても不思議。数種類の品種があり、葉の中側の赤みの部分がより赤いもの、葉柄の長いものなどがある。花はちょうど梅雨時に白い花を咲かせる。熟すと黒い小さな種がなるので、刻んだミズゴケなどに種をまくのも面白そうだ。(写真:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

いつも、なぜかスリップスがいっぱいつく。受粉に役立っているのかも?
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合もあります)


TOPへ     モウセンゴケ科