アリノトウグサ科  Haloragidaceae

9属145種類がほぼ全世界の自生が見られる。草本性が多く、小さく育つ低木が数種類あるようだ。水生植物として育つものもある。

アリノトウグサ属  Haloragis
27種類がオーストラリアやニューカレドニア、ニュージーランド、アジア東部などに自生しており、日本にもアリノトウグサが山野に自生している。

フサモ属  Myriophyllum
45種が知られ世界中に広く分布する水生植物。オオフサモなど一部の種が特定外来生物として栽培が禁止されているものもある。アクアリウムの水草として使われている種も多い。

TOPへ     科の検索へ