キバナノマツバニンジン     アマ科  Linum medium
性状:一年草
原産地:北アメリカ
特徴など:帰化植物。仙石原では湿原とやや乾いた場所の中間くらいのところに自生してました。数日前の雨で少しだけ冠水していました。なんだか馴染んでいて帰化植物には見えません。一年草とあるのですが、秋頃に見ると根元に小さな芽が出ていることがあって、もしかしたら花が咲かなかったものは、翌年に持ち越すのかなとも思ってしまいましたが、その後はまだ、未確認。しかし名前がニンジンとはとてもそのようには見えないんですが・・・。(写真:国内)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(8月撮影:山梨)

リヌム・トリギヌム     アマ科  Linum trigynum
英名:French Flax
性状:一年草
原産地:地中海沿岸〜ヨーロッパ南部
特徴など:かわいい小さな黄色花を付けるアマの仲間。10〜15センチほどの高さで咲いています。帰化植物でオーストラリアだけではなくアメリカなどにも広がっているようです。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

アマ     アマ科  Linum usitatissimum
英名:Flax
性状:一年草
原産地:中央アジア
特徴など:種子から油を採ったり、茎から繊維をとるために世界中で広く栽培されている。一部地域では帰化植物として広がっている。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ