表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中








パパイア     パパイア科  Carica papaya
和名:チチウリ
性状:常緑樹
原産地:熱帯アメリカ(メキシコ、西インド諸島など)
特徴など:夏の果物というイメージですが最近は一年中見られるようになってきました。二つに割ると黒いしわしわの種がいっぱい。雌雄異株だが、両性花のつく種類もあり、また1本だけでも実の成る種類もあるようです。実や茎から出る乳汁にはパパインという酵素が含まれていて肉などをやわらかくする役目がある。食後にパパイアを食べるのは消化を助けるので非常に良いようです。最近苗として販売されていて実がなれば青パパイアとして利用できるくらいまで育ちますが雌株か両性花が咲かないと実はならない。また、鉢植えよりも路地の方が早く大きく育ちます。雄花は花がたくさんつくタイプと葉腋に数輪が付くタイプがあるが栄養状態なのだろうか?花がたくさんついたものはとても良い香りがしていました。ただ、抜くと根が切れたときにとても嫌な臭いがします。(写真:国内、スリランカ/他)

(2月撮影:国内)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

見事なほどついている。びっくり!(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(2月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

台湾の露店にて。 (3月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(8月撮影:国内)

雄花(8月撮影:国内)

TOPへ     パパイア科(Caricaceae)