Cymbidium (シンビジューム) Cym.

シュンラン     春蘭  ラン科  Cym. goeringii
性状:地性ラン
原産地:日本、東アジアなど温帯域に広く分布
特徴など:変異の多い種でコレクターも多く、花や葉を観賞する。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

ナギラン     ラン科  Cym. lancifolium
性状:地生ラン
自生地:関東以西南部〜沖縄
特徴など:針葉樹のマキの葉に似ているのでこの名前が付いたようです。シンビジュームやシュンランの仲間には見えませんでした。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

カンラン     寒蘭  ラン科  Cym. kanran
性状:常緑多年草(地生ラン)
自生地:東海地方以西〜沖縄
特徴など:林床に自生する野生ランのひとつ。花の変異もありコレクターが多い。(写真:国内)
絶滅危惧:沖縄、熊本、宮崎、高知、愛媛、山口、環境省など(IA類CR)/他

(5月撮影:沖縄県)

レンベンラン     蓮弁蘭   Cym. lianpan
性状:地性ラン
原産地:中国

”初昇”

イッケイキュウカ     Cym. faberi
性状:地性ラン
原産地:ヒマラヤ〜中国

”江山素”

ホウサイラン     報才蘭   Cym. sinense
性状:地性ラン
原産地:日本南部、中国、ビルマ、タイ

”達磨”


”東源”

”隆昌素”

”満月”

’若草’

’紅富貴’

TOPへ     ラン科