ヤクシマアカシュスラン     ラン科  Hetaeria yakusimensis
性状:常緑多年草(地生ラン)
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、台湾
特徴など:西表山中にて見れた野生ランです。やや赤味のある深緑色の葉をつけています。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

オオカゲロウラン     ラン科  Hetaeria oblongifolia
別名:テリハカゲロウラン
性状:多年草(地生ラン)
原産地:日本(沖縄(石垣島、与那国島))、タイ〜マレーシア、ニューギニア、ニューカレドニア、オーストラリアなど
特徴など:石垣島の道路脇の鬱蒼とした藪の中にひっそりと花茎を上げていました。非常に個体数が少ないそうで自生してる場所でもそうそう見られないそうです。(写真:国内)
絶滅危惧:IB類(EN 沖縄)、IA類(CR 環境省)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

TOPへ