ブルーベル    トベラ科   Billardiera(←Sollya) heterophylla
別名・商品名:オーストラリアンブルーベル
和名:ヒメツリガネ
英名:Australian bluebell creeper , Australian bluebells , bluebell creeper
性状:つる性常緑低木
原産地:オーストラリア西部
特徴など:鉢植えで販売されているときは木立状に仕立てられていますが、花が終わるころから急速に蔓を伸ばし始めます。開花習性がいまいちわからないので、あまり剪定はしていませんが、小さいトレリスやファーンなどに絡ませると良いでしょう。青い実が付くことがあるらしく食べられるらしい・・・食べてみたい。午前中の日当たりだけでも育ちます。あまり虫もつきませんが、緑色の大き目のシャクトリムシが付いていました。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(7月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

ビラルディエラ・コリアケア     トベラ科  Billardiera coriacea
性状:つる性常緑樹
原産地:西オーストラリア
特徴など:つる性の植物で白い筒状の花が付いていました。実の形が上記のブルーベルに似ています。

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

ビラルディエラ・レフマンニアナ     トベラ科  Billardiera lehmanniana
英名:Kurup
性状:つる性常緑樹
原産地:西オーストラリア南部
特徴など:この仲間の花の形が様々ななのには驚かされます。ほとんどがつる性のようで自分で絡んだり、他の植物に絡みながら育っています。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ