ミズバショウ    水芭蕉   サトイモ科  Lysichiton camtschatcense
性状:多年草
原産地:サハリン、千島、本州中部以北の山地の湿地。尾瀬湿原は有名です。
特徴など:花は肉穂花序で長さが7cm前後になりその後ろにはサトイモ科特有の白い仏炎苞が取り巻きます。花が終わると葉が伸びてきます。葉は大きく80cmくらいの伸び幅は30pほどになります。根元は根茎になっていて臭気があります。果実は液果。花期は3月下旬〜4月下旬。一度だけ鉢物で販売されているのを見ましたが、育てられるのだろうか?葉がなんだか大きくなりそうで・・・場所とりそうです。東京だと暑さも気になります。(写真:国内)
季語:春の説と夏とする説がある。

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

この時期は見る影もありません。(7月撮影:国内)

TOPへ     サトイモ科(Araceae)     植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。