表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中








イワボタン   岩牡丹   サボテン科  Ariocarpus retusus
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:およそサボテンとは見えない形状をしている。個体差があり、この仲間のコレクターも多い。成長が遅く、原産地から輸入で現地のものが販売されていた。現在はワシントン条約などにより保護されている。実生で国産の良いものがかなり販売されている。(写真:国内)
タマボタン   玉牡丹   サボテン科  Ariocarpus retusus f.
性状:サボテン類
特徴など:イワボタンの中の葉幅と丸みのあるものなどを指すようだが、私ではいまいち区別ができないだろうなぁ・・・・。(写真:国内)

(1月撮影:国内)


サンカクボタン   三角牡丹   サボテン科  Ariocarpus trigonus
性状:サボテン類
原産地:メキシコ

三角牡丹?(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


ハナボタン   花牡丹  サボテン科  Ariocarpus furfuraceus
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:葉の表面にしわが寄る(?)ものや小さなこぶっぽくなっているものが多いようだ。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


アガベボタン   アガベ牡丹   サボテン科  Ariocarpus agavoides
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:以前はネオゴメシア属だったが現在はアリオカルプス属にまとめられている。疣が長く先端より少し下がったところに綿毛状の棘(?)がある。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

キッコウボタン     亀甲牡丹   サボテン科  Ariocarpus fissuratus
性状:サボテン類
原産地:アメリカ(テキサス州)、メキシコなど
特徴など:昔はロゼオカクタス属でしたが現在はアリオカルプス属になっている。ただ、長い三角状の疣ではなくずんぐりした短い肉厚の疣が重なり合っている。刺はなく綿毛状です。花色はピンク。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

斑入り。(1月撮影:国内)


レンザン   連山  サボテン科  Ariocarpus fissuratus var. lloydii
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:実際に育ててみないと上記の種との違いを見比べられませんね。花色はピンク。(写真:国内)

(1月撮影:国内)


コクボタン   黒牡丹   サボテン科  Ariocarpus kotchoubeyanus
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:地面にぺったりとくっついて育っているサボテン。三角形の疣が特徴的。花色はピンク。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

石化?(1月撮影:国内)


ヒメボタン   姫牡丹   サボテン科  Ariocarpus kotchoubeyanus var. macdowellii
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:上記のコクボタンよりも小型。写真は白いのでもしかしたら白花コクボタンかな?(写真:国内)

(1月撮影:国内)


アリオカルプス     サボテン科  

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

TOPへ     サボテン科(Cactaceae)