表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-

カバノキ科  Betulaceae

6属110種が北半球に多く自生しており数種が熱帯地方にもあるようだ。潅木や高木の樹木で、材は器具材や炭に、果穂を染料の材料に、樹木自身は庭木や盆栽などに利用されている。この仲間で有名なのはシラカバやハンノキなどでしょう。


ハンノキ属  Alnus
35種が知られており北半球に広く分布する。冷涼な場所にも自生しておりアッサム地方、アジア東部、アンデス地方などに見られる。日本でもハンノキが山野に自生している。

クマシデ属  Carpinus
26種が北半球〜中央アメリカに自生している。日本にも山野にアカシデやクマシデなどが自生している。


ハシバミ属  Corylus
15種が北半球に自生しています。ヘーゼルナッツとして実を食べることができる。日本にもハシバミが山地に自生している。    

TOPへ      科の検索へ