表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-





ヤナギ科  Salicaceae

2属435種が北半球に多く自生していおり、ポプラ属とヤナギ属がある。どちらも庭木や細工物などに利用されているものがある。現在APG分類によりイイギリ科が含まれるようになり55属1010種となっています。

イイギリ属  Idesia
1種のみの属でイイギリが山中や公園樹として見られる。イイギリ科よりヤナギ科へ移っています。


ヤナギ属  Salix
400種が寒帯〜温帯域にかけて自生する。ヨーロッパや中国に自生が多いようだ。日本ではシダレヤナギが街路樹や切り枝で利用されたり、その他の樹種ではマッチの軸や細工物に利用されている。


クスドイゲ属  Xylosma

以前はイイギリ科だったが現在はヤナギ科へ移っています。85種が知られており熱帯域に広く分布しており、日本をはじめ熱帯アジア、オーストラリア、アメリカ、ニューカレドニアなどに見られる。日本にはクスドイゲが自生している。

TOPへ     科の検索へ