ニワゼキショウ     アヤメ科  Sisyrinchium atlanticum
性状:多年草
原産地:北アメリカ
特徴など:帰化植物に見えないほど普通に馴染んで生えている。道路の中央分離帯や人の手の入った広場や草原などに見られる。(写真:国内)

(5月撮影:千葉県)

(5月撮影:千葉県)

オオニワセキショウ     アヤメ科  Sisyrinchium graminoides
性状:多年草
原産地:北アメリカ
特徴など:こちらも同じように帰化植物ですが、ニワゼキショウほど見ないような気がします。淡い花色です。こちらのほうが背が高く育ちます。(写真:国内)

(5月撮影:千葉県)

(5月撮影:沖縄県)

シシリンキウム・カリフォルニクム     アヤメ科  Sisyrinchium californicum
別名:キバナニワゼキショウ
英名:Golden-Eyed Grass
性状:多年草
原産地:北アメリカ(カリフォルニア州)
特徴など:やや透明感のある黄色の花をつけます。5月〜7月頃に咲くようです。札には黄花ニワゼキショウとなっていましたが、同じ仲間で同じ名前のものがあるのでまだ、和名が未同定(?)のような気がします。(写真:国内)

キバナニワセキショウ     アヤメ科  Sisyrinchium campestre f. flaviflorum
性状:多年草
原産地:北アメリカ
特徴など:ニワセキショウと同じように芝地などに生えていました。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

シシリンキウム・ストリアツム     アヤメ科  Sisyrinchium striatum
性状:多年草
原産地:チリ
特徴など:淡いクリーム色の花にうっすらと赤い筋が見える。(写真:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

TOPへ