表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-






イラクサ     イラクサ科  Urtica thunbergiana
中名・中文・台灣:蕁麻、咬人猫
性状:多年草
自生地:本州〜九州
特徴など:山地に生える植物で葉や葉柄などに棘があり、刺さると棘の中の成分により痛いという。山では気をつけましょうね。刺の部分をアップで見ると刺の部分の下にくびれがあって折れやすくなっているように見えます。(写真:国内、台湾)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)


ヒメイラクサ     イラクサ科  Urtica urens
英名:Small Nettle
性状:一年草
原産地:地中海沿岸
特徴など:日本にも帰化している植物で、西オーストラリアのロットネスト島で初めて見ました。海岸側の砂地に生えていたためと花がだいぶ上がっているのでもうそろそろ終わりを迎えている感じがします。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ     イラクサ科(Urticaceae)