タカサブロウ     キク科  Eclipta prostrata
英名:False daisy
性状:一年草
原産地:日本(本州〜沖縄)、アメリカ両大陸などを含む旧世界
特徴など:面白い名前だ。日本にも自生しているのにはじめてみたのはスリランカとは。もう一種類似たものにアメリカタカサブロウがあるが、種に翼と呼ばれる部分が違うとか他にもあるようですがそれはいずれ比べられたときに載せてみます。茎が這うとかなんとかで明らかに違うとわかるんですが、私にはとてもとても。(写真:スリランカ/他)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(5月撮影:沖縄県)

アメリカタカサブロウ     キク科  Eclipta alba
性状:一年草
原産地:熱帯アメリカ
特徴など:日本にも帰化しているタカサブロウの仲間です。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ