表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






ネバリノギラン     キンコウカ科(ユリ科)  Aletris foliata
性状:多年草
自生地:北海道〜九州
特徴など:山地に見られる植物です。6月に見たとき蕾がしっかりと付いていて花も咲いているようなのですが先端がちょっこと開いているだけでこの後咲くのかこれで終わるのかが微妙な感じです。7月には花は終わっていて実が成っているようでした。(写真:国内)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(5月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)


ノギラン     キンコウカ科  Aletris luteoviridis
性状:常緑多年草
原産地:日本(北海道〜九州)、朝鮮半島など
特徴など:八丈島で初めて見たノギラン。いつもはネバリノギランでしたが、葉だけを見るとなんとなくショウジョウバカマに見えましたが八丈島にはショウジョウバカマは自生していないこと花茎の感じが違っていたのでわかりました。斜面で少し暗い場所に生えていたので花茎は小さかったが、日当たりのよい場所ではしっかりとした花茎に育ちいくつか分枝して咲かせます。(写真:国内)

(7月撮影:東京)

TOPへ     キンコウカ科(Nartheciaceae)