タチコゴメグサ     ゴマノハグサ科(ハマウツボ科)  Euphrasia maximowiczii
性状:一年草
自生地:本州〜九州
特徴など:絶滅危惧種。半寄生性の植物です。葉は鋸歯があり、葉柄が無く茎に直接ついている感じ。葉は硬い。ひょろっとたまたま草むらから顔を出していたところをパチリ。後で聞いて珍しいといわれて、ちょっとうれしかった。久しぶり(千石原周辺では数十年振り)の確認だったようだ。(写真:国内)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(8月撮影:山梨)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

   TOP