ムクナ・ベネッティー     マメ科  Mucuna bennettii
英名:New Guinea creeper
性状:常緑つる性樹木
原産地:ニューギニア
特徴など:ツルの途中からでも花が咲くようだ。遠めでも花の良く目立つ植物。ただ、2度目、3度目の時は咲いているのを見かけなかった。(写真:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)


ウジルカンダ    マメ科  Mucuna macrocarpa  
和名:カマエカズラ、イルカンダ
性状:木本性ツル植物
原産地:九州、南西諸島、インド、東南アジア
特徴など:独特の花型と色が印象的。九州でも全域ではなく特定の場所のみに自生しており、古いときに入ってきたのではないかとされているようだ。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)


ムクナの仲間     マメ科  Mucuna
性状:つる性常緑樹
原産地:
特徴など:つる性なので絡ませて目隠しや低い生垣に利用している。(写真:中国・雲南省)

(7月撮影:中国・雲南省)

7月撮影:中国・雲南省)

(7月撮影:中国・雲南省)

(7月撮影:中国・雲南省)

TOPへ     マメ科(Fabaceae)     植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。