表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-





キャッサバ     トウダイグサ科  Manihot esculenta(utilissima)
別名:マニホット(流通名?)
英名:cassava , tapioca plant
性状:落葉低木
原産地:ブラジル
特徴など:熱帯地方の重要作物として利用されているが、斑入りの種類は観賞用として利用される。日本では夏の間の彩りに最適。最近はこの植物もタピオカで有名になった。ココナッツミルクに入れて冷やして食べる透明感のある粒々の寒天みたいなものだ。結構しっかりゆでないと鍋の底にくっついてしまう(泣)。この正体は膨らんだ根っこから取れるでんぷん。根っこは芋状で蒸して食べるようだ。(写真:ハワイ・カウアイ島、国内/他)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(写真:国内)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

マニホットゴム     トウダイグサ科  Manihot glaziovii (carthaginensis ssp. glaziovii)
別名:セアラゴム
性状:落葉樹
原産地:ブラジル東部
特徴など:樹高は6mから10mほどにまで育ち熱帯地方の一部では帰化植物として広がりを見せているようです。塊根から採れるでんぷんを薬用として利用している。また最近ではこのでんぷん内の抗菌成分を新たな用途として研究されています。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

TOPへ     トウダイグサ科(Euphorbiaceae)