ハマボウフウ     セリ科  Glehnia littoralis
性状:多年草
自生地:日本全国
特徴など:海岸地帯の砂地に見られる植物で、根がとても長いことでも知られている。写真のように葉の表面に照りがあります。(写真:国内)
薬用として:根と根茎部分をハマボウフウ(浜防風)と呼び、ボウフウという似た植物の代用として使われる。用途は発汗、解熱、鎮痛など。

(4月撮影:国内)

TOPへ     セリ科(Apiaceae、Umbelliferae)     植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。