フシグロセンノウ     ナデシコ科  Silene(←Lychnis) miqueliana
性状:多年草
自生地:本州〜九州
特徴など:花期7月。山地に生える植物でオレンジ色の花が印象的。園芸植物として利用されている。。(写真:国内)

マツモトセンノウ     松本仙翁  ナデシコ科  Silene(←Lychnis) sieboldii
性状:多年草
自生地:本州・長野、九州
特徴など:山地の林縁や草地に自生する。(写真:国内)

(4月撮影:写真)

エンビセンノウ     燕尾仙翁   ナデシコ科  Silene(←Lychnis) wilfordii
性状:多年草
自生地:北海道〜本州中部以北
特徴など:漢字のように燕の尾のような形をした花弁が特徴。(写真:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

オグラセンノウ     ナデシコ科  Silene(←Lychnis) kuisiana
性状:多年草
自生地:本州・岡山県以西〜九州
特徴など:センノウの仲間よりもサーモンオレンジ色のナデシコに見える。湿原に自生する植物。(写真:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

アメリカセンノウ     ナデシコ科  Silene(←Lychnis) chalcedonica
性状:多年草
原産地:シベリア〜小アジア
特徴など:園芸用にからーバリエーション豊富に種子などが販売されています。しかし、主力の色彩はこちらの朱赤ですね。不思議なのは和名がアメリカと付くのに原産地はユーラシアなんですなぁ・・・。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

スイセンノウ     ナデシコ科  Lychnis coronaria
別名:フランネルソウ
性状:二年草〜短年草
原産地:ヨーロッパ南部
特徴など:触るとふわふわしたやわらかい産毛に覆われている。花が咲くとその対比に驚かされるほどの強い赤紫色の花が咲く。白花もある。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

TOPへ