表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






カロタムヌス・クァドリフィドゥス     フトモモ科  Calothamnus quadrifidus
英名:One-sided bottlebrush
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:葉が松葉のように細く、モミノキのような葉のつけ方をする樹木で赤い花が印象的。英名にあるように片側に花がついている。葉は個体差により長いものもあるようだ。色々な場所でみることが出来て庭木や植栽などで広く使われているようです。(写真:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・サングイネウス     フトモモ科  Calothamnus sanguineus
英名:Silky-leaved Blood flower
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア南部
特徴など:上記の種類に似ているが葉に産毛が非常に多く、こちらのほうが背が低く育つ。花での区別がまったくわからない・・・。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・オルドフィエルディ     フトモモ科  Calothamnus oldfieldii
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:葉が松の葉のようで細長く先端も尖っている。背はあまり高く育たない。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・ルペストリス     フトモモ科  Calothamnus rupestris
英名:Mouse Ears
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:少し枝打ちが多く、萼の部分にうっすらと産毛が多い。花付は少ないようだ。英名のネズミの耳は萼のうっすらとしたこの部分のことかな?(写真:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・ギボスス     フトモモ科  Calothamnus gibbosus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア南部
特徴など:細長い松葉のような葉を持つカロタムヌスです。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・パチスタチウス     フトモモ科  Calothamnus pachystachyus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア西部
特徴など:カロタムヌスの中では葉の形が平たくやや産毛があり全体がやや波打っています。他の種はどちらかといえば針状が多いのですが、場所によりこのような変化に植物が変わっていくのはとても面白いことです。花はこの仲間同様赤い花です。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・ヒルスツス     フトモモ科  Calothamnus hirsutus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:小さな公園に使われていましたが、この種は這うように広がるカロタムヌスで地被植物としてかなり有効な気がします。赤い花も綺麗に咲いていました。若葉には産毛がちらちらと見られます。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・トルロスス     フトモモ科  Calothamnus torulosus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:他の種の花の形と違い縦にぺたんこです。花の筒の先端は赤みが差し根元はグリーンなのも良く目立つ特徴です。葉は針状ですが古い葉はややシルバーがかっています。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・グラキリス     フトモモ科  Calothamnus gracilis
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:葉が長く、他の種に比べ花がかなり貧弱です。もっと枝が出てくるようですが、私が見た株はあまりよく育っていませんでした。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス・グラニティクス・レプトフィルス     フトモモ科  Calothamnus graniticus ssp. leptophyllus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア(パース近郊)
特徴など:細い葉だが他の種よりも長めで新芽はかなり柔らかめ。また、新芽には粗いが産毛も多い。

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

こちらはちょっと葉が長い? (10月撮影:西オーストラリア州)

こちらはちょっと葉が長い? (10月撮影:西オーストラリア州)

こちらはちょっと葉が長い? (10月撮影:西オーストラリア州)


カロタムヌス1     
特徴など:葉が細長く上記の種のように細長いのだが、こちらは細長くさらに平たい葉を持つ。(写真:西オーストラリア州)


TOPへ     フトモモ科(Myrtaceae)