オヒルギ    ヒルギ科  Bruguiera gymnorrhiza(conjungata)
別名:ベニガクヒルギ、アカバナヒルギ
性状:常緑高木(非耐寒性)
原産地:日本(奄美大島)、ポリネシア、東アフリカ、オーストラリア、アジア東南部
特徴など:海岸地帯にマングローブをつくり、自然のサイクルをになっています。気根をしっかりと土中に伸ばし体を支えています。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

オヒルギ(左)とメヒルギ(右)

わかりにくいが根が一度表に出てまた土に戻るように伸びています。

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)


ヤエヤマヒルギ     ヒルギ科  Rhizophora mucronata(stylosa)
別名:オオバヒルギ、シロバナヒルギ
性状:常緑高木
原産地:日本(沖縄)〜台湾〜アジア東南部、オーストラリア、東アフリカ
特徴など:オヒルギと同じようにマングローブを形成する樹木のひとつ。泥中に支持根をしっかりと張る。オヒルギよりも支持根がしっかりと出ている。(写真:国内、オーストラリア)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(2月撮影:国内)


フタバナヒルギ     ヒルギ科  Rhizophora apiculata
性状:常緑樹
原産地:オーストラリア〜東南アジアなどに広く分布しています。
特徴など:花が花茎に二つ付くのでこの名前がついたそうです。葉がつややかでゴムの木みたいです。マングローブを形成する植物群のひとつです。(写真:オーストラリア・ケアンズ)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)


メヒルギ     ヒルギ科  Kandelia obovata (←candel)
別名:リュウキュウコウガイ
性状:常緑低木
原産地:日本(鹿児島〜沖縄)、中国南部、台湾
特徴など:根は板根状になる。他のヒルギの仲間の中では樹高は低い。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

オヒルギ(左)とメヒルギ(右)


マングローブの風景

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(10月撮影:Aus・QLD)

TOPへ     ヒルギ科