表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中






ヘリオトロープ    キダチルリソウ科(←ムラサキ科)  Heliotropium arborescens
和名:ニオイムラサキ、キダチルリソウ
英名:Cherry-pie , heliotrope
性状:常緑低木(非耐寒性)
原産地:ペルー
特徴など:柔らかくやさしい香りが特徴のヘリオトロープ。香料に用いられ現在でも精油を採集している。花色は紫色で白もある。最近は淡い紫色や、ほんのり色づいたような色もある。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)


ヘリオトロープ 園芸品種  Heliotropium hybrid
特徴など:初めて見たときはヘリオトロープの園芸品種とは思っていなかったので、長く何だろうと思っていました。かなり前なので香りがあったのかどうかも覚えていない・・・。(写真:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

モンパノキ     キダチルリソウ科(←ムラサキ科)  Heliotropium(←Argusia(=Messerschmidia)) argentea  
別名:ハマムラサキノキ
性状:常緑低木
原産地:日本(沖縄〜小笠原諸島)、東南アジア、アフリカなど
特徴など:熱帯や亜熱帯の海岸地帯に生える低木。現地では防風林などに利用しているようだ。材が非常に軽い。海岸性の植物にあるように葉が多肉植物ほどではないが肉厚。実が蛸の足のようにくねらせたような感じでついていた。(写真:ハワイ・カウアイ島、国内)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(写真:国内)

TOPへ     キダチルリソウ科(Heliotropiaceae)     ←ムラサキ科(Boraginaceae)