表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-



クロウメモドキ     クロウメモドキ科  Rhamnus japonica var. decipiens
性状:落葉低木
自生地:関東以西〜九州
特徴など:雌雄異株。山地にポツリポツリとみられる低木。花が地味で教えられないと見逃してしまいそうです。晩秋に黒い実がなります。結構鋭いとげがちらほらと見えます。(写真:国内)
薬用として:果実は下剤として使わるようです。

(6月撮影:山梨県)

雌花。(6月撮影:山梨県)

雌花。(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

ラムヌス・レプトフィラ     クロウメモドキ科  Rhamnus leptophylla
原産地:中国

(1月撮影:国内)


クロツバラ     クロウメモドキ科  Rhamnus davurica var. nipponica
性状:落葉低木
原産地:日本(中部以北)、アジア東北部
特徴など:やや鬱蒼と茂っていましたが、花も無く葉だけだったらまったく何の木かわからないだろうなぁ。教わって初めてこういう樹木も森林など日本の樹木の構成の一つなのかと、ちと感慨深く考えてしまいました。この花の後に黒い実がなります。葉の形が短いものや長いものなどが見られる。また、短い枝の先端は尖って刺になっている。(写真:国内)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

雌花。(6月撮影:山梨)

雌花。(6月撮影:山梨)

雄花。(6月撮影:山梨)

雄花。(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

草原の中で枯れていたものです。(6月撮影:山梨)

枯れていても、特徴でわかるそうです。(6月撮影:山梨)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)


クロカンバ    クロウメモドキ科  Rhamnus costata
性状:落葉小高木
自生地:本州〜九州
特徴など:日本固有種。一見生えているものを見てもなんだろうで終わってしまうだろう樹木。おおよその科が想像できると探せるけど、教わらないとわからないだろうなぁ・・・。葉はやや薄く結構大きい。葉の縁はよく見ると細かい不規則な鋸歯があります。(写真:国内)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

TOPへ     クロウメモドキ科(Rhamnaceae)     植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。