カゴノキ     クスノキ科  Litsea (Actinodaphne?) lancifolia(=coreana?)
別名:コガノキ
性状:常緑高木
原産地:日本(本州〜沖縄)、中国、朝鮮半島南部、台湾など
特徴など:雌雄異株の樹木で樹皮の模様が鹿子の模様に似ているところからこの名前が付いたようです。実は赤くよく目立つ。雌雄異株。カゴノキは調べると上記の属名のように2つあってどちらだろうと思っている。文献や資料によって種名も2つあるのだ。多分どちらかになっていると思われるのだが・・・。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)


バリバリノキ     クスノキ科  Litsea acuminata (=Actinodaphne longifolia?)
性状:常緑高木
自生地:本州(関東南部以西)〜沖縄
特徴など:燃やすとバリバリと音がするからこの名前が付いたと言われています。雌雄異株。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

リトセア・アクティヴェナ      クスノキ科  Litsea acutivena
中名・中文・台灣:鋭脈木薑子、虎皮楠
性状:常緑中高木
原産地:中国南部、台湾中〜南部
特徴など:バリバリノキの仲間。クスノキ科(Lauraceae)だが、葉の裏から見ているとブナ科の植物と思っていました。

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

TOPへ     クスノキ科(Lauraceae)