スギ   杉    ヒノキ科(←スギ科)  Cryptomeria japonica
性状:常緑高木針葉樹
自生地:本州、四国、九州
特徴など:近年スギは花粉症で悩まされる樹木として春になると注目されます。古くから、建築材、酒樽、彫刻用などに利用されており、現在も重要な樹木のひとつです。屋久島の縄文杉と呼ばれるものは数千年の樹齢があります。また、庭木として利用されているものにはいくつかの品種も知られています。最近の研究や改良により花粉の出ない杉ができたそうです。数十年かかるのでしょうが後々、この苗が植林されていけば杉の花粉症はかなり激減するでしょうねぇ。(写真:国内)
和歌:わが夫子を大倭へ遣りてまつしたす 足柄山の杉の木の間か(巻一四の三三六三)、古の 人の植ゑけむ 杉が枝に 霞たなびく 春は来ぬらし(巻十の一八一四・柿本人麻呂)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

スギの幹


アシウスギ     ヒノキ科(←スギ科)  Cryptomeria japonica var. radicans
性状:常緑針葉高木
自生地:日本海側
特徴など:スギの変種ですがどのように違うかがいまいちわかりません。建築材で有名なアキタスギはこの種を指します。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


チャボスギ     ヒノキ科(←スギ科)  Cryptomeria japonica cv. Nana
性状:常緑針葉樹
原産地:園芸種のためなし
特徴など:杉の変種の一つでかなり矮化しており葉もかなり細かく、成長も緩やか。そのため、一度水切れやこじらせると回復にかなりの時間がかかる。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)


イカリスギ     ヒノキ科(←スギ科)  Cryptomeria japonica f. lycopodioides
性状:常緑針葉樹
自生地:園芸品種のためなし
特徴など:枝が不規則に曲がりくねり杉の葉の広がりも広がる部分や広がりにくい部分があるようです。また、変種の種名を見るとリコポディオイデスとあるのでシダ植物のリコポディウムに似ているところからついたと思われます。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

TOPへ     ヒノキ科  ←スギ科