シラキ    トウダイグサ科  Sapium japonicum  
性状:落葉小高木
原産地:日本(本州〜沖縄)、朝鮮半島、中国
特徴など:材が白いのでシラキと呼ばれている。実から油を採り塗料や灯油の代わりに利用することができる。(写真:国内)
有毒植物:茎や葉に毒成分を含む。

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)


ナンキンハゼ     トウダイグサ科  Sapium sebiferum
性状:落葉高木
原産地:中国南部
特徴など:紅葉のとても綺麗な樹木。小さな鉢で種を蒔いて育てられたものが販売されています。街路樹にも使われている。秋になると白い種がこの木の下に落ちている。種子に含まれる油分から石鹸や蝋燭などが作られる。また葉を染料の材料としても使われる。(写真:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

TOPへ     トウダイグサ科(Euphorbiaceae)     植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。