レウコポゴン・ヴェルティキラツス     ツツジ科  Leucopogon verticillatus
英名:Tassel Flower
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:最初に見たときにドラセナの仲間かとずっと思っていました。調べるとレウコポゴンだったので、ほか種類との印象がまったく違うことにさらにびっくりです。開けた森林に多く見られ、花がついているものが多かった。花色が白と赤みの強い白が見られます。だんだんになって成長しているように見えるし葉脈も平行脈に見えるので、うーん  やっぱりドラセナっぽいなぁ。ふ・し・ぎ。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・パルヴィフロルス     ツツジ科  Leucopogon parviflorus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:小さな白い花が咲く植物で花の中心部分は細かい産毛が生えているのがこの仲間の特徴です。こちらの種類はその中でも葉がやや大きめです。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・スプレンゲリオイデス     ツツジ科  Leucopogon sprengelioides
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア西部
特徴など:よく見ると花の周りなどに細かい産毛のようになっているのがかわいい。葉が小さくやや枝に沿うように付いている。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・テヌイス     ツツジ科  Leucopogon tenuis
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア西部
特徴など:上記同様に葉が細いが花が小さくずんぐりして見える。葉はやや幅広の針状。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・ギボッスス     ツツジ科  Leucopogon gibbosus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア南部
特徴など:かなり特徴的な葉を持っている。細い幹に湾曲してカイガラムシがくっついているようなつき方だ。花は残念ながら数日前まで咲いていたようだがかさかさになっていた。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・キンビフォルミス     ツツジ科  Leucopogon cymbiformis
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア南部
特徴など:こんな乾燥気味の場所で育ち小さくても花を咲かせている低木。白い小さな花の表面は細かい産毛で覆われている。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・カピテラツス     ツツジ科  Leucopogon capitellatus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:細長く先端がとがった葉をつける。明るい林床に見られた。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン・レヴォルツス     ツツジ科  Leucopogon revolutus
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア西南部〜南部
特徴など:こちらは似ている種もあるが葉の先端はとがっておらず、背がやや高く伸びて小さなブッシュ状に育っていました。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

レウコポゴン     ツツジ科  Leucopogon
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:こちらの種類は葉が細長い。茎に寄り添うように葉がついていて少し肉厚に見える。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)
特徴など:こちらの種類は花弁が細く、葉も細長い。上記の種類と違って葉は茎に沿っていない。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)
特徴など:細かく枝が出て小さなブッシュを作っている。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ