表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-





アメリカイワナンテン     ツツジ科  Leucothoe walteri (=fontanesiana , =catesbaei)
別名:セイヨウイワナンテン
性状:常緑低木
自生地:本州(関東地方西部など)
特徴など:庭木で樹木の下などにも利用されている。斑入りの品種のほうが利用されているが、時折斑のないものを見かける。イワナンテンよりも花付が細かくやや先がすぼまっている気がする。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)



イワナンテン     ツツジ科  Leucothoe keiskei
性状:常緑低木
自生地:本州(太平洋側)
特徴など:植栽などではアメリカイワナンテンが良く使われる。こちらの種のほうが葉がつややかな気がする。(写真:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)


ハナヒリノキ     ツツジ科  Leucothoe grayana
性状:落葉低木
自生地:北海道〜本州近畿地方以北
特徴など:よく植物の名前を聞いたときに、えっ?と思ってもう一度聞き直してしまうことがあるが、この低木もそうでした。ハナヒリってなんだろうと・・・。この葉を乾燥させて粉にしたものを駆虫剤に使ったそうですが、この粉が鼻に入るとくしゃみ(はなひり)がでることからこの名前が付いたそうで、聞いた時には花粉症の私にはちょっとだけ離れてしまいました。この場所は火入れを年に一度する場所ですが、そのため低く育っていますが毎年しっかりと生えてきていますね。丈夫なようです。(写真:国内)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

TOPへ     ツツジ科(Ericaceae)