ザクロ    柘榴   ミソハギ科(←ザクロ科) Punica granatum
性状:落葉樹
原産地:小アジアやアフガニスタン、ヒマラヤ
特徴など:とても歴史の古い時代から利用され、重要化果樹のひとつだ。すでに3000年前にはザクロを専門に育てるところもあった様で、世界中で使われている。日本では10世紀の頃に渡来したが、食用よりも観賞用が主だった。神話や逸話にも登場し、薬用、果樹としての需要、グラナディンシロップの原料など海外では大いに利用されているようだ。庭木や鉢物で利用され、実は食べるほど大きく育たないが花を観賞する一才ザクロ(ヒメザクロ)、花に絞りの入る品種や白花などもある。(写真:国内)
薬用として:ザクロの完熟果の皮や根皮、樹皮、花などを使う。それぞれに効能が違うが、収斂・止瀉・駆虫・止血・外傷などなど色々な症状で用いられる。

”一才ザクロ”

白花品種。

スリランカの果物屋で販売されていたザクロ

一才ザクロ(ヒメザクロ)(5月撮影:国内)

一才ザクロ(ヒメザクロ)(5月撮影:国内)

(3月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)
白実ザクロ(白水晶)《果樹苗》「☆」

白実ザクロ(白水晶)《果樹苗》「☆」
価格:1,404円(税込、送料別)

姫ザクロ 4.5号ポット植え 1本

姫ザクロ 4.5号ポット植え 1本
価格:1,890円(税込、送料別)


TOPへ     ミソハギ科(Lythraceae)   ←ザクロ科    植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。