表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中


アストロフィツム属  Astrophytum その1

ランポウギョク   鸞鳳玉   サボテン科  Astrophytum myriostigma
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:形が整ったとても花も綺麗なサボテン。幹肌に白い斑点を持つのが特徴で様々なタイプが固定され栽培されている。(写真:国内)

(6月撮影:国内)


ヘキルリランポウギョク    碧瑠璃鸞鳳玉   サボテン科   Astrophytum myriostigma var. nudum
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:五角形と言うか、丸っこい星型とでも言うか形が非常に整った綺麗なサボテン。ランポウギョクは白い白点が密につくがこちらはそれがなくグリーンが見えています。花は綺麗は淡い黄色でよい香りがします。意外に寒さに強く戸外でずっと育てているが雨ざらしでも丈夫。大事にしている人から見たら怒られそうだが・・・。(写真:国内)

(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

亀甲と呼ばれるタイプ (1月撮影:国内)

亀甲と呼ばれるタイプ (1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

四角だったが新しく稜がでてきた。綺麗な斑入りです。(1月撮影:国内)


シカクランポウギョク   四角鸞鳳玉    サボテン科  Astrophytum myriostigma var. quadricostatum
性状:サボテン類
原産地:メキシコ(栽培品からならば無し)?
特徴など:ランポウギョクの4稜のタイプ。写真のものはかなり白点が特殊。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

石化品種。(1月撮影:国内)


ヘキホウギョク    碧方玉   サボテン科   Astrophytum myriostigma var. nudum subvar. quadricostatum
性状:サボテン類
原産地:栽培品より。自生地にも時折あるらしい。
特徴など:人気のあるサボテンの一つ。形が整っていて美しい。白点がないので斑入りは特に綺麗ですね。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

サンカクランポー  三角鸞鳳玉    サボテン科  Astrophytum myriostigma f. tricostatum
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:ランポウギョクの稜変異。本来なら5稜なのだが4つならシカクランポーとなる。こちらは3稜なので三角ランポーなのです。なぜだかこの形が好きで、育てようとしましたが以前は高くてやめました。最近はかなり見かけるようになりましたが、多分何年後かには4稜や5稜に戻ってしまうだろう。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


シカクハクランポウギョク   四角白鸞鳳玉   サボテン科  Astrophytum coahuilense f.
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:ランポウギョクに似ているが成長が遅く、白点の感じも全く違う。自分で手に入れてみてよくよく見れば点ではなく産毛に近い。汚さないように育てなくては・・・。(写真:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)


ハンニャ   般若   サボテン科  Astrophytum ornatum
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:白い星が幹肌につく。大きく育つサボテンで、花も綺麗。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(2月撮影:国内)


アオハンニャ    青般若   サボテン科  Astrophytum ornatum var. glabrescens
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:ハンニャは肌に白点があるがアオハンニャはありません。(写真:国内)

(1月撮影:国内)


キントゲハンニャ     金刺般若  サボテン科  Astrophytum ornatum var. mirbellii
性状:サボテン類
原産地:北アメリカ南部
特徴など:ハンニャと呼ばれる種類の刺がより黄色味の強い種類をさす。(写真:国内)


カブト     兜   サボテン科  Astrophytum asterias
別名:カブトマル(兜丸)
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:かなり独特な形で、名前のとおりかつての戦国武将などが被っていた兜の頭の被る部分に似ている。非常に個体差が多く白点の有無や量・大きさなどにより様々な表情を見せてくれる。コレクターも多い。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

斑入り。(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)
ルリカブト   瑠璃兜   Astrophytum asterias f. nudum
特徴など:カブトの白点の無いものをルリカブトと呼んでいます。白点がない分斑入り品種は特に重宝されている。(写真:国内)

ルリカブトの斑入り (1月撮影:国内)


タイホウギョク   大鳳玉   サボテン科  Astrophytum capricorne var. crassispinum
性状:サボテン類
原産地:メキシコ(自生もしている?)
特徴など:ズイホウギョクの変種で、幹肌に白い斑点がない。花も綺麗。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

TOPへ      サボテン科     アストロフィツム属2