表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-






キンミズヒキ     バラ科  Agrimonia pilosa
性状:多年草
自生地:北海道〜九州
特徴など:山林や明るい林などに見られる。黄色い花が細長い花茎に咲きます。小葉は細長く鋸葉のある奇数羽状複葉。種はかぎ爪が細かくついていて動物や人間のズボンなどにくっついて運ばれる。花の形は個体差があるようです。(写真:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

これはたぶん、ヒメキンミズヒキだな。(9月撮影:箱根・仙石原)

これはたぶん、ヒメキンミズヒキだな。(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:箱根・仙石原)


チョウセンキンミズヒキ     バラ科  Agrimonia coreana
性状:多年草
原産地:日本(北海道〜九州)、中国東北部、朝鮮半島
特徴など:山林や明るい林などに見られる。黄色い花が細長い花茎に咲きます。いままでこちらをキンミズヒキだと思っていましたが、葉の形がこちらは丸く上記のように細長くないことでチョウセンキンミズヒキと思われます。分布が少ないとありましたが、国分寺の山林で見つかったのは実は貴重なのか?(写真:国内)


ヒメキンミズヒキ     バラ科  Agrimonia nipponica
性状:多年草
自生地:北海道〜九州
特徴など:キンミズヒキよりも花が小さく花弁も細長い。また、花付きもまばらです。(写真:国内)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

TOPへ     バラ科(Rosaceae)