オオバルリミノキ     アカネ科  Lasianthus obliquinervis
性状:常緑低木
原産地:日本(奄美諸島〜沖縄)、中国南部、台湾、フィリピン
特徴など:はじめてみたルリミノキの仲間。このあとこの仲間を数種類見られるとは思いませんでした。小さな白い花が咲きその花の表面に細かい産毛があります。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


リュウキュウルリミノキ     アカネ科  Lasianthus fordii
別名:タシロルリミノキ
性状:常緑低木
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、中国南部、台湾、東南アジア
特徴など:山中に見られる低木で、やや葉は艶やか。葉の表面にある産毛がかわいい。しかし山中では白い花も遠めには目立たない。最も人間のためではないのでどのような昆虫などが受粉に来るのだろうか?(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


マルバルリミノキ     アカネ科  Lasianthus wallichii
性状:常緑低木
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、台湾、中国南部、東南アジアなど
特徴など:明るい林床に生える低木。この仲間同様の白いちいさな花を付けます。しかし何で花の表面に細かい産毛が生えるのかなぁ?この木で初めて瑠璃色の実を見ることができました。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


ケシンテンルリミノキ     アカネ科  Lasianthus curtisii
別名:ケハダルリミノキ
性状:常緑低木
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、台湾、中国南部、東南アジア
特徴など:若き茎は産毛が見える。明るい林床に育っていました。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


タイワンルリミノキ     アカネ科  Lasianthus cyanocarpus
性状:常緑低木
原産地:日本(奄美諸島〜南西諸島)、台湾、中国南部
特徴など:葉や茎に細かい毛が見える。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

TOPへ     アカネ科