表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中





ハイノキ     ハイノキ科  Symplocos myrtacea
別名:イノコシバ
性状:常緑樹
自生地:近畿地方以西〜九州・屋久島
特徴など:ハイノキの仲間は日本にとても多いが、あまり知られていない木だ。ただ、常緑の庭木として大株が販売されている。関東ではあまり一般的ではないのかな?(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)

サワフタギ     ハイノキ科  Symplocos sawafutagi (=chinensis var. leucocarpa f. pilosa)
別名:にしごり、ルリミノウシコロシ
性状:落葉低木
原産地:日本(北海道〜九州)、中国、朝鮮半島
特徴など:葉脈が深い葉を持つ樹木で5月下旬〜6月頃に白い花を一斉につける。この木の灰を染色の媒染剤に利用されている。別名のルリミノウシコロシの瑠璃の意味が9月に成っていた実を見て納得。最初白っぽいけど段々と淡いブルーになるんですな。(写真:国内)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大実の沢フタギ(サワフタギ)「☆」
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/8/21時点)


タンナサワフタギ     ハイノキ科  Symplocos coreana
別名:シラツゲ
性状:落葉低木
原産地:日本(本州〜九州)、韓国(済州島)
特徴など:山間部に見られる低木。サワフタギよりも実の色は黒い。花が無かったらサワフタギの仲間ともわからないんだろうなぁ・・・。(写真:国内)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)


シンプロコス・クネアータ     ハイノキ科  Symplocos cuneata
性状:常緑中高木
原産地:スリランカ
特徴など:日本に自生するハイノキの仲間。白い花が密生して咲いていましたが、樹上高くて小さい写真か撮れませんでした。樹高は15mほどにまで育ち幹は20cmくらいまで太るようだ。(写真:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

ミミズバイ     ハイノキ科  Symplocos glauca
別名:ミミズノマクラ
中名・中文・台灣:山羊耳
性状:常緑樹
原産地:日本(本州南部以西〜沖縄)、台湾、中国、東南アジア
特徴など:葉だけでは知らないと何の樹木か全くわからないかも。もちろん何度か見て知って行けば覚えるのでしょう。まだ、日本では見てないなぁ。ミミズバイとはなかなかの名前ですね。別名にミミズノマクラとあるけど、実の形も先細りしていて面白い形だ。実はまだ若くグリーンだが熟すと暗紫色になる。

(6月撮影:台湾)

(6月撮影:台湾)

(6月撮影:台湾)

(6月撮影:台湾)

TOPへ     ハイノキ科(Symplocaceae)