ゴムフォロビウム・トメントスム     マメ科  Gompholobium tomentosum
英名:Hairy Yellow Pea
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:細い羽状葉で、うっすらと産毛が見える。観察すると枝が出ているときは細い一本だけの葉だが花がつく頃の枝が羽状葉になっているように見える。花は淡いクリーム色。パース近くのボールド・パークでは花が咲いていましたが、北上したときに見た草地では実がなっていました。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・マルギナツム     マメ科  Gompholobium marginatum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:少し茂った林の林床に自生していました。実の形はこの仲間の特徴でぷっくらしています。葉は奇数羽状葉の最少数の3枚です。花をよく見ると中心に赤い目の入るタイプと黄色だけのものが見られます。(写真:西オーストラリア)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・ナイティアヌム     マメ科  Gompholobium knightianum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:明るい森林の林床に小さく育っていました。ライラックピンクの花ですが、9月では残念ながら咲いていませんでしたが、10月では綺麗な花を咲かせていました。葉は奇数羽状葉で7〜13ほど。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・キアニヌム     マメ科  Gompholobium cyaninum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:砂地の開けたところに青く目立つマメの花。所々に咲いているようですが、数は少ないようです。とても綺麗な色です。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・プレイシィ     マメ科  Gompholobium preissii
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア西部
特徴など:明るい少し赤みがかったオレンジの花を付ける。葉は粗い産毛が見られる奇数羽状葉で13〜15枚ほど。やや這うように育つようです。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・ポリモルフム     マメ科  Gompholobium polymorphum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:とても明るい黄色の花を付ける。茎は最初ひょろひょろとやや這うように伸び葉を付けます。葉は奇数羽状葉で3枚。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・スカブルム     マメ科  Gompholobium scabrum
英名:Painted Lady
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:とても綺麗なピンク色の花をたくさん付けます。わかりにくいけど細い葉が付いていますが羽状葉で3出です。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・オヴァツム     マメ科  Gompholobium ovatum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア
特徴など:明るい林床に生えていました。葉が羽状複葉ではなく一枚葉になっている。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ゴムフォロビウム・アリスタツム     マメ科  Gompholobium aristatum
性状:常緑低木
原産地:西オーストラリア西部
特徴など:はっきりとした黄色の花をつける。やや密生しつつも新芽が伸びたときはすっと一本伸びたのちに枝が出ているようだ。(写真:西オーストラリア)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

TOPへ