表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中



クリヌム・アジアティクム     ヒガンバナ科  Crinum asiaticum
英名:Spider Lily
中名・中文・台灣:文珠蘭
性状:常緑多年草
原産地:インド〜太平洋諸島など
特徴など:ハマユウなどの母種。みんな同じに見えるんですが、同じ場所で比べて育ててみないとわからないなぁ。(写真:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

? (9月撮影:国内)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(10月撮影:Aus・QLD)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)


ハマユウ    ヒガンバナ科  Crinum asiaticum var. japonicum
別名:ハマオモト
性状:常緑多年草
自生地:房総半島、三浦半島以南〜琉球諸島
特徴など:初夏頃より白く細い花弁の花を咲かせます。(写真:国内)
和歌:はまゆふと呼ばれていた。「み熊野の浦の浜木綿百重なす 心は念へど直に逢はぬかも」(巻四の四九二)

(1月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

(12月撮影:愛知県)

斑入り。(1月撮影:国内)

(9月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

斑入りハマユウ
価格:2592円(税込、送料無料) (2018/12/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


タイワンハマオモト     ヒガンバナ科  Crinum asiaticum var. sinicum
性状:常緑多年草
原産地:日本(琉球)、中国〜台湾
特徴など:母種との違いがいまいち良くわかりませんが、大型に育ち、ともに白い花を咲かせます。(写真:国内)


インドハマユウ     ヒガンバナ科  Crinum latifolium
性状:常緑多年草
原産地:インド
特徴など:綺麗な大きい白い花をつける。日本には1925年に渡来。(写真:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)


クリナム・アウグスツム     ヒガンバナ科  Crinum augustum
英名:Queen Emma Lily
性状:常緑多年草
原産地:モーリシャス(もしかしたら自然交雑種?)
特徴など:ハマユウの仲間で大きく育つ。花色は赤味がかる白で蕾はピンクがかる。葉も赤味があり茎は立ち上がり結構太い。(写真:ハワイ・カウアイ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)


クリナム・ペドゥンクラーツム     ヒガンバナ科  Crinum pedunculatum
英名:Spider Lily
性状:常緑多年草
原産地:オーストラリア(クィーンズランドやニューサウスウェールズなどの海岸沿い)、メラネシアなど
特徴など:この仲間同様に大型に育つ。おしべの花糸の部分が赤紫に色づいて綺麗。(写真:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

斑入り (2月撮影:国内)


クリナム・クルエンタム     ヒガンバナ科  Crinum cruentum
性状:常緑多年草
原産地:メキシコ
特徴など:蕾が上がっていたが残念ながら花が見れなかった。(写真:国内)

(2月撮影:国内)


オオハマオモト     ヒガンバナ科  Crinum gigas
性状:常緑多年草
自生地:小笠原諸島
特徴など:他との差が比べられていないので何とも言えませんが、茎が細いのは環境のせい?(写真:国内)

(2月撮影:国内)

TOPへ     ヒガンバナ科(Amaryllidaceae)