ハマミズナ(ツルナ)科  Aizoaceae

草本もしくは低木状で123属2020種類ある。多肉質のもが多い。花は放射相称。南アフリカに分布が多くほかはアジアやオーストラリア、アメリカにも自生している。

メセンブリアンテマ類  Mesembryanthemum complex
南アフリカの乾燥地帯に自生していて生態的にも特化した植物群。ほかの植物群とは性質が逆のものもある。一年草、多年草から低木まであり、草姿の形や性質など多様で属によってコレクターもいるほどです。

アプテニア属  Aptenia
南アフリカとオーストラリアに4種類が自生する。園芸で流通しているアプテニアは南アフリカ原産の種類。

ケファロフィルム属  Cephalophyllum
?

ドロテアンサス属  Dorotheanthus
ケープ州南西部とリトル・ナマカランドに10種類が自生している。多肉性の一年草。リビングストーンデージーがこの中に含まれます。

ドロサンセマム属  Drosanthemum
ナミビア、ケープからカルーに90種類ほどが分布。自生地では5〜7月が雨季にあたり雨量も多い。

ファウカリア属  Faucaria
33種類が南アフリカの東ケープ地方などに自生している。日本でよく栽培されているのは四海波でしょう。

フェネストラリア属  Fenestraria
1属1種のみでグンギョクが知られており、南アフリカ原産。

マツバギク(ランプランサス)属  Lampranthus
南アフリカ原産の常緑の多肉性の多年草で約180種類ある。マツバギクが庭先や花壇で植えられているのを見かけます。

リトープス属  Lithops
37種類ほどが南アフリカの限られた場所に分布している。非常の特異な形をしておりコレクターも多い。リトープスへ

セスヴィウム属  Sesuvium
12種が温帯域の海岸沿いに多く見られる。日本でも沖縄などにミルスベリヒユが自生する。

スミクロスティグマ属  Smicrostigma
1種のみの属で南アフリカ・ケープ州に分布する。
スミクロスティグマへ

ツルナ属  Tetragonia
85種類ほどが熱帯〜温帯域に自生する。アフリカやアジア、オーストラリアに多く日本にはツルナが自生している。

TOPへ       科の検索へ