カナビキソウ     鉄引草  ビャクダン科  Thesium chinense
性状:半寄生性多年草
自生地:北海道・南部〜沖縄
特徴など:アカネ科のヤエムグラなどの仲間のような小さな花をつける。葉も細く軟弱そうに見えるが、ススキ野原の足元でしっかりと育っていました。半寄生とあるのでススキや他の植物からも養分を取っているのでしょう。しかし6月も後半になってくるとススキも茂りカナビキソウは隠れてしまい見えなくイなってしまいます。それでも毎年このように育ってくるのですから植物の営みは面白いです。(写真:国内)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:千葉県)

(5月撮影:千葉県)

TOPへ