ヒゲシバ     イネ科  Sporobolus japonicus
性状:一年草
自生地:本州〜九州
特徴など:湿地に自生する。芝のようにも見える。土砂が流されてやや土が剥き出しの場所に見られました。(写真:国内)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

スポロボルス・アフリカヌス    イネ科  Sporobolus africanus
性状:多年草(短年草)
原産地:南アフリカ
特徴など:やや灰色がかった細い穂をつけるイネ科の植物。公園内のものは踏まれる場所のせいかやや低く育っていましたが郊外では株も広がり茂っています。ただ、種がたくさんついている割にはあまり増えていないように見受けます。しかし、日本のヒゲシバとはずいぶんと印象が違いますね。(写真:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(9月撮影:西オーストラリア州)

(10月撮影:西オーストラリア州)

ソナレシバ     イネ科  Sporobolus virginicus
性状:常緑多年草
自生地:小笠原諸島、九州〜沖縄列島など
特徴など:海岸の岸壁などに生えるイネ科の植物で耐塩性が高い植物です。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

TOPへ